fc2ブログ

番外編.正義の刃【後編】

2022年06月17日
10
未分類

ルビアンは憔悴していた。
散歩に出かけた兄から連絡が途絶えて2日が経つ。食事も喉を通らず、胸が苦しい。頭痛も治らない。

今まで仕事でいくら遅くなろうと、兄が帰らない事など無かった。彼女は仕事を暫く休む連絡をした後、広いインペリアルシティを探して回る。兄の目撃談はあったが、決定打となる情報は無かった。

町娘ルビアン「私のせいだ...私がちゃんと相談に乗らなかったから...何処にいるの兄さん...」
Oblivion20220614 22sss (1)

そして、1週間が過ぎた。真面目な兄が1週間も音信不通になるなど、どう考えてもおかしい。バウエルは友人も多くなく、こういった問題事とは無縁だったのもあり、頼れる人脈は少ない。

どんな時も共に寄り添って来た兄。きっとどこかで自分が見つけ出すのを待っている。そしてルビアンは決意をした、どんな手を使ってでも兄を探し出すと。一番可能性の高い場所に向かうことにした。

Oblivion20220614 22sss (6)

バウエルの職場、帝都詰所へ向かう。兄に食事を届けて以来の来所だ。突然の来訪に驚く衛兵達。

Oblivion20220614 22sss (3)

帝都衛兵「ようこそ善良な市民よ。なにかお困りかな?あなたは確か...バウエルの...?」
Oblivion20220614 22sss (2)

町娘ルビアン「兄の...行方を知りませんか?仕事に行くと行ったきり戻らなくて...」

帝都衛兵「それなら...」

なんともバツの悪い顔で目配せをする衛兵。その先には悪徳衛兵ウルリッチの姿があった。

Oblivion20220616 19rrrr (3)

町娘ルビアン「あの...兄の...バウエルの行方を知りませんか?」

衛兵ウルリッチ「さぁなぁ...あんたの誠意次第では何か思い出すかも知れない」

耳を疑うようなウルリッチの話。とても街の治安を守る衛兵の言葉とは思えない。他の衛兵達も、まるで何も聞こえなかったの様な素振りで散り散りになった。兄から聞いてた話そのままだった。だがこうなるのは予想済みだった。

町娘ルビアン「お願いします。どうしても兄の行方が知りたいの!」

衛兵ウルリッチ「どうしても知りたいか?」

町娘ルビアン「...はい」

衛兵ウルリッチ「あんたに情報を売るという事は、オレの立場も危険になるという事だ」

すると、下衆びた笑みを浮かべ、ルビアンの身体を舐めるようにみるウルリッチ。

衛兵ウルリッチ「ヘヘッ、上に休憩所がある。詳しくはそこで聞こうか。」
Oblivion20220615 0iiiii (1)

衛兵ウルリッチ「さて、まずは服を脱いでもらおうか?初めてってワケじゃねぇんだろ?知ってんだぜ、おまえ実の兄貴と肉体関係を持ってる」

町娘ルビアン「帝国の正義の盾がこんな事をして許されるの?」

衛兵ウルリッチ「フン、近親相姦は立派な犯罪だ。それにオレはバウエルがどこにいようがあんたに言う必要はないからな」

町娘ルビアン「約束、してくれますか?」

衛兵ウルリッチ「ああ、オレは約束は守る男だ」

意を決して衣服を脱ぐルビアン。女を武器にした交渉手段を冷徹に行う自分に吐き気がしたが、いまは手段を選ぶ余裕は無い。なんとしても兄を見付けなければならない。

衛兵ウルリッチ「ヒュー...やはり若い女はいいな」

Oblivion20220615 0iiiii (5)

怪訝な表情で服を脱ぐルビアン。覚悟していたとは言え、ウルリッチの舐めるような視線が心の底から不快だった。

町娘ルビアン「これでいいですか?」

キッとした表情でウルリッチを睨みつけるルビアン。

衛兵ウルリッチ「その表情...確かに兄貴にソックリだな。興奮するぜ」

Oblivion20220615 0iiiii (4)

するとウルリッチはグリーブを脱ぎ、そそり勃った男性器を放り出した。

町娘ルビアン「最低ッ...」

衛兵ウルリッチ「そんなこと言っていいのか?なに、乱暴にしようってワケじゃねえ。大切な後輩の妹だしな。兄貴の事、話したくなるかはお前の頑張り次第だ。歯ァ立てるんじゃねぇぞ」

ルビアンはウルリッチから言われるがままに、奉仕を始めた。機械的に、効率的に。自分に心底嫌気が刺したが、出来るだけ考えない様にした。

Oblivion20220531 21222 (7)

ルビアン「ぐっ...ゲホッ!ゲホッ‼︎ 」

衛兵ウルリッチ「なかなか上手いじゃないか。しっかり仕込まれてンなぁ...おいおい、睨むんじゃねぇ。知りたいんだろ?兄の行方を」

数刻、髪を掴むウルリッチの手が力を帯びると、彼女の口の中に勢いよく射精した。ゲホゲホとむせかえるルビアンの表情を見て、ウルリッチは満足気に話し出す。

衛兵ウルリッチ「へへへっ...また頼むぜ妹サン」

町娘ルビアン「話してくれますね?」

衛兵ウルリッチ「ホラっ、ここが最後にバウエルが向かったオーデンスさん御用達の娼館だ。絶対にオレから聞いたと言うなよ」

詰所の個室を後にして、急ぎ娼館に向かうルビアン。

町娘ルビアン「兄さん、きっと怒るだろうな...」

その途中、帝都波止め区。貧民街や海賊船が停船する帝都の10区画のひとつ。いつもとは違う賑わいをみせる波止め場に気が付いた。見慣れぬ海賊が来たワケでも、グレイフォックスが浮浪者を集めてるワケでもない。こういう時は大抵水死体が上がった時だ。

Oblivion20220615 0iiiii (3)

心臓の鼓動が高まる。尋常ではないくらい、肌が汗ばむ。瞳の奥がチリチリする。喉の奥は乾き切り、うまく呼吸もできない。

町娘ルビアン「どいてッ‼︎どいてっ‼︎」

野次馬の女性「みない方がいいわ。どうして...こんな...」

人混みを掻き分け、ルビアンの目に飛び込んで来たのは波止め区に上がった水死体。

Oblivion20220603 03yyyy (13)

町娘ルビアン「うっ...」

あまりの様相に眼を多いそうになる。死体を隅々までみるが、腐敗が酷く、肉は爛れ、腹は大きく膨れている。もはやそれが誰かも判別が付かない。ハッキリ言ってバウエルだと断定するのは難しい。

街の衛兵「どきなさいキミ、鑑識医だ」

死体の前で立ち尽くしている彼女の元に、ナイスガイな医者が現れる。そうお待ちかねの私の出番だ。

看護師ニーナ「相変わらずタイミングいいですね。まるで見計らってた様です」

医師ササーニア「ニーナくん、メタな話は禁止だよ」
Oblivion20220615 09ddd (1)

医師ササーニア「うむ、眼球はくり抜かれている。臓器もいくつか無いな。これは胃液で溶かされた様だ。それにこの四肢の切断部...引きちぎられたものだね」

町娘ルビアン「...」

医師ササーニア「生きたまま何者かに食われたという事になる」

ルビアンは口を覆い、額から汗がにじみ出て止まらない。兄ではない、彼女はまだそう願って止まなかった。

町娘ルビアン「先生、どうやったら、個人を特定できますか?」

医師ササーニア「...難しいな。必死に抵抗した後はあるんだが...」
Oblivion20220603 03yyyuu (8)

医師ササーニア「...えっと...キミはその人と関係者?」

町娘ルビアン「いえ、断言はできないんですが、双子の兄が行方不明なので、もしかしたら、と」

医師ササーニア先生「...一卵性?」

町娘ルビアン「はい」

医師ササーニア「そいつはいい!じゃあちょっと口の中見せてくれる?」

町娘ルビアン「ちょっ...」

看護師ニーナ「ちょっと先生、いきなりレディの口を覗き込む人がいますか?だからモテないんですよ」

医師ササーニア「...キミはいつもひとこと多いねぇ」

呆れるニーナを横目に私はルビアンの口内を確認する。一卵性双生児と言うものは歯並びや形状までほぼ同じ。生き写しという言葉に相違ない。最も、私は全て知っているのだが、知らないフリをしながら伝えるというのは難しいものだ。

医師ササーニア「ふむ。ハッキリ言うけど、大丈夫?」

町娘ルビアン「はい。覚悟はしてます」

医師ササーニア「キミと口内はほぼ同じだ。残念だけど、行方不明の兄で間違いないだろう」

町娘ルビアン「...ぁぁぁ...あぁあああああああッッッ‼︎︎兄さんッ‼︎どうしてッ‼︎」
Oblivion20220615 0iiiii (2)

彼女は声にならない声をあげ、泣き崩れた。考えうる中で、一番最悪な結末だ。楽しいことも辛いことも、全て共有して生きて来た唯一の家族。双子の兄を失ったのだ。慟哭。静寂の雨の中、悲痛な叫び声が響き渡る。

彼女が泣き止んだのを見計らって、私はおかしな事を考えない様に発破をかける事にした。例え恨まれようとも。

医師ササーニア「さて、一応言っておくが、復讐は考えない方がいい。こんな殺し方をするなんて普通じゃないからね」

町娘ルビアン「私と兄さんは二人で一人。絶対に兄さんをこんな風にした奴を許さない」

医師ササーニア「戦士でもないキミにそれができるの?」

町娘ルビアン「あんなに勇敢で真っ直ぐだった兄さんをこんな風にした...私はどんな手を使っても必ず見つけて仇を討つ!!!!!!!!!」
Oblivion20220615 09ddd (2)

瞳に復讐の劫火を宿したルビアン。腕に自信があるのなら、刺し違える事もできるだろう。しかし彼女にはこれといった武器も無い。常に手下を従えているオーデンスには近づく事すら難しいだろう。

念入りに準備をすることにしたルビアン。そこで彼女が辿り着いた先はディバインエレガンス帝都一の呉服屋。オーデンスを油断させ、そこでトドメを刺す寸法だ。

店主パロリニア「いらっしゃい。あなたが誰よりも美しくなりたいなら、この店を選んで正解よ。どんな自分になりたいのかしら?」

町娘ルビアン「上等な娼婦のドレスを頂戴」
Oblivion20220615 22eeee (1)

店主パロリニア「とても似合ってるよ...でもあんた...なんでそんな恐ろしい顏をしているんだい?」

Oblivion20220615 22eeee (10)










せっかくだからこれを機に、明かされていない時間を時空を遡って見に行こうじゃないか。

立ちはだかるブラックウッド傭兵団。銀虎バルカン率いる特攻分隊。任務後に失踪したゾハル・マーベリックの代わりに野党のチュルパン、ヴェルトロを迎え入れ、歴代で最も油の乗った代とされている。

若きチュルパン「さて、ようやくオレの出番ってェワケだ。細切れにしてやるから覚悟しな」

銀虎バルカン「何を言う童、今度ァワシの番だ」
Oblivion20220616 18ppp (1)

早速獲物のこん棒を構えた若きチュルパンに、銀の鬣を持つ大柄のカジートが詰め寄る。彼の名は通称、銀虎(ぎんとら)バルカン。この時代のブラックウッド傭兵団を率いている。

大雑把だが、面倒見の良い彼の人柄に惹かれBWCに在籍しているものも多いが、実直な兵法を好む彼を、新人のチュルパンとヴェルトロは目の上のたん瘤くらいに思っていた。

BWCキビ=ダンゴ「銀さん、もう腰は大丈夫なんで?若くないんですから無理しちゃダメでっせ」

銀虎バルカン「じゃかあしい。まだまだ現役だ」

大飯食らいのレイ「いいや、今回もオレだ。骨のある奴ァいい」
Oblivion20220616 18ppp (2)

この大柄なアルゴニアンの名前はレイ。一見アルゴニアンに見えるが厳密には蛇人ツァエシ族の混血と言われてるが、詳しくは明かされていない。彼の大食いはその体質に依存するものであり、いくら食べても満足感を得られないらしく、大食いと通称されている。

好奇心旺盛な性格で、ブラックウッド傭兵団に在籍しているのも、面白いことが起きそうだから、に尽きるという。

若き日のヴェルトロ「いいえ、あなたは前回もあなただったじゃないですかぁ。今回は私です」

若き日のキビ=ダンゴ「また始まったぜ...」

若き日のヤーモリー「仕方ねえ、いつものアレで決めるか」

全員「ジャンケン...ポォォォンッ‼︎‼︎‼︎」
Oblivion20220603 03yyyuudd (6)

大飯食らいのレイ「っしぁぁぁぁあッッッ!!!!!!!」

若き日のチュルパン「おい、てめェさっき食ったばかりだろ?あいつはオレにバラさせろ」

大飯食らいのレイ「いいや、オレは大飯食らい。いつでも空腹なんだ」

衛兵バウエル「舐めてるのかお前ら...まとめて相手してやる」

BWCは格個でも実力者揃い。だが、バウエルも戦闘のセンスは同期の中でも群を抜いていた。主に極悪人を相手にする帝国衛兵団、厳しい訓練に耐え抜いた者が帝都の守護者を名乗る事ができる。

大飯食いのレイ「いよっし、早速死んでもらうぜェ!!!!!!!」

ゴキィイイイン‼︎‼︎‼︎
Oblivion20220603 03yyyuudd (9)ii

大飯食らいのレイ「ぐ...ハッ...!!」

レイの先制攻撃を中盾で見事にパリィを決めるバウエル。いつも父に鍛えて貰った盾の扱いには自信があった。ロングソードを弾かれ、手持ちの武器を失ったレイ。しかし、彼は失速するどころか不気味な笑みを浮かべている。

衛兵バウエル「油断したなトカゲ野郎‼︎誰ひとり逃すつもりは無いッッッ‼︎」

大飯食らいのレイ「なるほど、いいぞお前。根性もある。“食う”に値すらァ...」
Oblivion20220603 03yyyuudd (2)

物凄い圧力を放った後、地面を蹴り上げるレイ。激しい突進の後、ガッ!!!!!!と両腕を掴まれるバウエル。

衛兵バウエル「クッ...離せッ‼︎離しやがれッ‼︎」

大飯食らいのレイ「いただきます」
Oblivion20220603 03yyyuu (2)

ガブッッ...ギチギチッッ...‼︎‼︎‼︎‼︎

レイは大きな口を開けた後、勢いよくバウエルの肩口に齧り付いた。彼の鋭利で強力な歯にとっちゃ、強固な鎧ですら意味をなさない。

衛兵バウエル「うぎゃあぁぁぁッッッッッぁぁぁッ‼︎」
Oblivion20220603 03yyyuudd (7)

ブッチィッッツ‼︎‼︎‼︎‼︎

そのまま腕を食いちぎられるバウエル。肩口からは噴水の様に血飛沫が上がっている。

衛兵バウエル「あがッ...ぎっ...ヒュー...ヒュー」

大飯食らいのレイ「ゴりっつ...ゴロゴリッツ...バキッツ...うん。味は悪くない。どうだい?まだやるかい?お前の正義などそんなもんだと認めな」

BWCキビダンゴ「うわッツ...いつみてもひでえなぁ...」

衛兵バウエル「ふざけるな。もうすぐ仲間たちが来る。帝国の盾を舐めるな」

大飯食らいのレイ「そうかい。おまえの勇気に敬意を称するよ。残さず食べてやるからな」

衛兵バウエル「帰るんだ...あいつが待ってる」
Oblivion20220603 03yyyuudd (10)










身なりを整えたルビアンは娼婦として、ローズマリーに体験入店という事で侵入に成功。厳重な警備に身元を探られる可能性も危惧したが、心配には及ばなかった。

Oblivion20220616 19rrrr (4)

客を取る事も覚悟していたが、思いの他にオーデンスとの接触は早かった。なぜなら彼のお気に入りのNo1.と期待の新人の2名は、オーデンスに“壊されてしまった”らしい。

Oblivion20220616uuuuu.jpg

オーデンスは娼館の思い税金を見逃す代わりに、初物を優先的に回すという取り決めをしていた。ベットの下へ猛毒を塗ったナイフを仕込むルビアン。

娼婦のルビアン「初めまして、ルビィです。今日がはじめてです...」
Oblivion20220615 22eeee (7)

オーデンス衛兵長「うむ、愛想は無いがいい女だ。今夜は可愛がってやるぞ。クククッ」

すると上機嫌なオーデンスは酒を煽り、自分が帝国軍を背後から牛耳ってる事、闇組織と繋がっている事、自分を嗅ぎ回っていた新人を始末した事をベラベラと話し出した。

Oblivion20220615 22eeee (8)

すぐにでも刺し殺してやりたい気持ちを抑え、確実に仕留められるスキを伺う。しかし、その慎重さが彼女に最悪の自体を招いた。

オーデンス衛兵長「.?新入り、腕を出して拳を握れ」

娼婦のルビアン「なんですか?ちょっ...」

オーデンス衛兵長「とある商人から仕入れた、スクゥーマなんかよりずっと”キマれるお薬”だ。一本打てばすぐに向こう側へ行ける」

娼婦のルビアン「そ、そういうのはちょっと...」
Oblivion20220615 22eeee (6)

オーデンス衛兵長「なんだァ?売女が衛兵長の私に意見するのか?」

ドスの効いた低い声で脅しをかけるオーデンス。ここで騒ぎを起こせば全てが水の泡だ。

娼婦のルビアン「いいえ、衛兵長様、楽しみですわ」

ズプッ...

静かに音を立てて、違法薬物DISEが体内に流れ込む。薬を打ち込まれた後、ルビアンの脳はすぐに薬に支配された。激しい動悸の後、視界がグラグラと揺れ、身体が思うように動かない。とっさにベッドから出ようとしたルビアンだったがオーデンスに腕を掴まれる。

オーデンス衛兵長「おっと、もうここから逃げられると思うな。なぜならコイツ無しではもう生きて行けない身体になるからだ」

Oblivion20220615 22eeee (9)ooo

ズンッ...!!!!

娼婦のルビアン「ああああッ‼︎」

Oblivion20220615 22eeee (5)

容赦なく、オーデンスの男性器がルビアンを貫く。前戯も無く、無理矢理犯されたハズが、痛みはすぐに快楽に変わった。全身の穴という穴から体液を垂れ流しているのはかろうじて分かる。

オーデンス衛兵長「クククッ...貴様が女である以上、この快楽には逆らえん‼︎どうだ⁉︎最高だろう⁉︎」

娼婦のルビアン「に...兄さぁん...兄さん...凄いわ...」

憎くてたまらなかった兄の仇。しかし、既に彼女の思考回路はDISEに乗っ取られ、もはや相手が誰なのかも分からず、快楽に身を委ねる雌になっていた。









――――――「ルビィ」――――――

懐かしい、耳障りの良い声。彼女が唯一愛した、誰より自分に近い声。

衛兵バウエル「しっかりするんだ。僕の大切な家族、そして大切な人」

Oblivion20220616 21iii

娼婦のルビアン「ごめんなさい兄さん。私、兄さんの仇を討てなかった」

衛兵バウエル「謝らなくていい。ルビィの痛みはオレの痛み。だって僕たちはずっとふたりでひとつだったじゃないか。オレの分までキミが生きるんだ、ルビィ」









朦朧とした頭が徐々に焦点が定まって行く。ルビアンはベットの下から猛毒のダガーを取り出す。

Oblivion20220615 22eeee (2)

快楽に没頭するオーデンスはもちろんルビアンの素振りには気付いていない。

娼婦のルビアン「死ね豚野郎ッツッッツ!!!!!!!!!」
Oblivion20220615 22eeee (3)

ズドッツ!!!!!

ルビアンは握りしめたダガーを勢いよくオーデンスの胸に突き刺す。助けを呼ぶ間もなく一度、二度、三度と突き刺されるオーデンス。

オーデンス衛兵長「うぎィィあああッ!!!!!!!いぃでぇェェェッ!!!!!!!」

娼婦のルビアン「兄さんはもっと痛かったハズだッツ!!!!!!!」
Oblivion20220616 03eeeee (1)

ズッツ!!!!!ドッ!!!!!

一心不乱にダガーを突き刺すルビアン。捌かれる魚の様にオーデンスはのたうち回っている。

Oblivion20220616 03lll

オーデンス衛兵長「ぎぃあぁあああッ!!!!!!もう...やめッツ...だ...だれ...なんだおま...」

娼婦のルビアン「...私が誰かまだ分からない?」

するとダガーを髪に当て、バッサリを切り落とすルビアン。その凛々しい姿に、かつての華麗な町娘だった頃の面影は無い。

Oblivion20220616 03eeeee (7)

オーデンス衛兵長「な...新人...おまえは確かに死んだハズ...ッ」

娼婦のルビアン「あんたに殺された新人の衛兵、バウエル・ノリッジの双子の妹よ」

Oblivion20220616 03eeeee (3)

オーデンス衛兵長「こ...こんな事をしても...すぐにブラックウッド傭兵団...が...来る...ぞ...フハッ...おまえ“達”の負けだ...」














帝国衛兵団「そこまでだッッ!!!!ブラックウッド傭兵団ッッツ!!!!」
Oblivion20220603 03yyyuudd (5)

一方、銀虎率いるブラックウッド傭兵団の待機所には、バウエルの調書を元にオーデンスの尻尾を掴んだ帝国軍が一斉逮捕に向けて突入。

銀虎バルカン「なんだァ?騒々しいな。まだ報酬は貰ってねえぞ」

若き日のチュルパン「こいつはお揃いで。丁度身体が鈍ってた所だ」
Oblivion20220603 03yyyuudd (3)

若き日のヴェルトロ「そんな人数で大丈夫ですかァ?私たち舐められてますねェ」

帝国衛兵団「いいや、おまえ達は多額の賞金首、こちらもブレイズに協力要請を出している。頼むぞルーキー」

すると帝国兵達の背後から、2人の男女が現れた。

ルーキーと呼ばれた男「...仕方ねえな。爺さん、ひとつ貸しにしとくぜ」
Oblivion20220603 03yyyuudd (4)












何回かの叫び声をあげた後、悪徳衛兵オーデンス・アヴィディウスはこと切れた。初めての殺人。だが罪悪感は無かった。

娼婦のルビアン「はあッ...はあっ...兄さん...仇は打ったよ」
Oblivion20220616 19rrrr (1)

本来ならオーデンスの危機に駆けつけるハズのブラックウッド傭兵軍。彼らを足止めしたのはバウエルの功績。兄は計らずとも妹を護る事に成功した。

ルビアンの全身を疲労感が襲う。このまま行けば絞首刑だろう。兄との約束の為にも捕まるわけには行かない。それにまだ腐敗した帝国兵が残っている。

老年の修道僧「キミがルビアン?大層派手に暴れたようじゃな」
Oblivion20220616 21eee (3)

娼婦のルビアン「...誰⁉︎こいつの取り巻きじゃないようだけど」
Oblivion20220616 21eee (1)

とっさに武器を構えるルビアン。この厳重な娼館の警備を潜り抜けてここまで来た。しかも足音も立てていない。それだけで只者ではない。

老年の修道僧「お主の事情は把握しているつもりじゃ。どうだ、まずはその物騒な物を下ろしてくれないか?」

娼婦のルビアン「いいえ、あんたを信用していない。そこの豚と同族ならここで殺す」
Oblivion20220616 21eee (4)

老年の修道僧「物騒じゃのう...それにまるで武器の使い方がなっちゃいない。そこの男と同族だとしてもお主には傷ひとつ付けられんよ」

娼婦のルビアン「バカにするなっ!!!!!!!」

とっさに切りかかるルビアン。しかしその老いた男が飄々とルビアンの攻撃をかわし、一閃。刀に手を掛けた、までしかルビアンは捉えることができなかった。

老年の修道僧「これでルビアンは死んだ。兄の正義がお主にも宿ってるなら伝えよう。ガイデン一刀流。そうだな、今日から―――」
Oblivion20220616 21eee (2)



―――お主は今日からルビエールじゃ―――
スポンサーサイト
[PR]

sasanagare77
Posted by sasanagare77
どうもsasaです。円熟期以降のおぶらーであります。
当小話は先代モッダー様の恩恵を十分に受けており、
多大なる感謝の気持ちを忘れません。
Thank you so much.
All modder for TES4.

Comments 10

There are no comments yet.

マリア

坊ちゃん!!

更新お疲れ様です!!!うわぁぁぁんバウエルくん!!!ルビィちゃあああ!!! 調査と言えど身体を・・・その勇気、私はかっこいいと思いました!!!坊ちゃん~~~!!(語彙力消失)
海賊船編楽しみでしょうがありません!!サキュバスリノンちゃんとゾハルさんの変化、ドキドキワクワクが止まりません。
次回も楽しみに待ってます(/・ω・)/!

2022/06/18 (Sat) 09:09

トカゲのLey

ウチのLeyを登場させて頂いて有難うございます!!
チョイ役でもメッチャ嬉しいのに、まさかこんな重要な役を1シーン丸々クローズアップで頂けるとは…今もまだ驚きと興奮が収まってません

2022/06/18 (Sat) 10:44
sasanagare77

-

To マリアさん

コメントありがとうございます~!
ちょっと酷い目に合わせすぎかなとは思ってました(;^_^AせっかくのR18Blogなので、生々しさを追求せねばと...。
何をしてでも仇を取るっていう強い信念が伝わっていれば嬉しいです(ノД`)・゜・。
ゾハル&リノンも大人な展開があるかもしれませんねw
もうしばらくお待ちください!

2022/06/18 (Sat) 21:52
sasanagare77

-

To トカゲのLeyさん

Leyさん、初コメありがとうゴザイマス~(ノД`)・゜・。
Blogのコメント、実は超嬉しいんですw未だに手探りで書いてる部分も多いもので...
喜んでいただけでニンマリです( ̄ー ̄)ニヤリ まさに適役でしたね~!

2022/06/18 (Sat) 21:56

もきゅもきゅ

更新お疲れ様です!
脇役のサイドストーリーって楽しいですよね。
前編後編でとても綺麗に纏まっていて、読み返しも一気に突っ走っちゃいました( *・∀・)9゙
ステファンのところで巻き戻すのズルイw 構成うまいな~って思います。
まぁ、彼(彼女)はこんなところで命を落とす筈がないので大丈夫だろうとは思いますが、鬼畜さで定評のあるsasaビリオンですから油断は出来ませんなw

それはそうと、レイさんがすごい悪役になって登場していてびっくりです( ゚Д゚)!
そして相変わらずのタイミングが良すぎるササーニア先生。もう定命枠超えてるだろうから、うちでも出てもらっちゃおうかなw

船旅の予告、楽しそうな絵ばかりだけど、みんな骸骨さんなんですよね(((゚д゚; ))) どうなることやら続きも楽しみにしていますヾ(๑╹◡╹)ノ"

2022/07/04 (Mon) 22:29
sasanagare77

-

To もきゅもきゅさん

もきゅさん!いらっしゃいませ~
ルビくんも当初はモブの一人だったんですが、色々考えてくと魂が宿りますね(`・ω・´)
今やすっかりイチ主役級に入りました。彼は今からもひと悶着ありそうですが...ウチに産まれて来た子たちは酷い目に合わされまくって本当に可哀そうです()

レイさんは今回暴れてますね!これ以上ないキャストだったのではとしてやったり感を感じています。一応感覚的にはニュートラル寄りだったりしますね。明らかに自身の快楽で楽しんでるのはチュル公とヴェル公くらいかなあと。

ササーニア先生、かなり都合よく出て来ますが、もはや超常の存在扱いでいいかと思います。死にはしないでしょうねw
是非ひょっこり出して頂けると嬉しいです(゚∀゚)

船上戦、案の定難航してますwやはりギミックがTES4だと限られてきちゃうんで、迫力の出し方に四苦八苦...
悩んでるうちが楽しかったりしますけど。フヒホヒヒ...

2022/07/05 (Tue) 17:50

天気輪

ようやく追いついたので記念カキコ(死語)です
…って思ったら親の顔より見たタマネギアーマーがチラッと映ったので笑いながら驚きましたw
ちゅるちゃん気を付けて。本当にヤバいのは後ろの奴の方だぞ。
白髪のバディは大抵やべー奴だぞ(隣のライカンスロープを見ながら)

Twitter上のSSではリノアちゃんかわいーなゾハルさんかっけーなーとほのぼの見させて頂いてたんですが
想像以上にハードな世界観だったので「これがR18↑か…」と戦慄している所でございます。
挿し絵的に入るSSもとても美しいですね。ブラヴィルがまるまる炎上した時には
私も教会を一件燃やした事があるのでロケハンにどれだけの労力があったのかという想像もあいまって
思わず「スゲェ・・・」とこぼしてしまいました。

これからも更新楽しみにしております。

2022/07/09 (Sat) 10:14
sasanagare77

sasanagare77

Re: タイトルなし


びやあああァァァァ!!!!!!!天気輪さんカキコありがとうございます!
何度か言ってますが、私が小話を書こうと思ったきっかけが天気輪さんのBlogなので、読んでもらえてるだけで感涙もんです。

それと声を小さくして登場を秘密にしてたんですが、バレましたwマジ〇ラさんには実はしっかりと重役を考えてまして、
多少のイメージ違いがあってもパラレルなので...と見逃して頂きたく思ってます(ノД`)・゜・。

ポーズはもはやある程度頭に入っているので、ロケハンや配置、クリチャーを輸送するのが一番時間掛かってますね~(;・∀・)CTD!!

ドンドン主要キャラが増えてあうあう言ってますが、次回以降も盛り上げていきますのでまた見て頂けたら嬉しいです!

2022/07/09 (Sat) 21:08

敗残兵

すっかり遅くなりましたがお疲れ様です。
まさか坊っちゃんがここまでやるタイプだとは思いませんでした、人肌も二肌も脱いでくれてササリビオンヒロインの鑑ですね(ゲス顔)。ダナさんといい勝負しそう。
チュイが死んだ上に周りも上もアレだった坊っちゃんの運命や如何に。一度転落したらダナさん並に酷い目に遭いそうな気もしてなりません、何せイケメン兄貴が黒い肉塊になっちゃうササリビオンですからねw
凛としたタイプの美人に睨まれながら奉仕して貰った挙句ハゲを売ったウルリッチはやりますねぇ、まぁ人外と人外クラスが蠢くササリビオンでどこまで生き残れるかは(合掌

BWCはま~濃ゆい面子が揃っちゃいましたねw チュルヴェル共だけでもアレなのにレイ君まで参戦というのも。初登場でバッチリキャラ立て出来る所が流石ですね。
ササリビオン勢や死ロディール勢とはまた違った立ち位置からの悪役振りに期待したい所。こんな連中抱えてハゲの依頼を受けるバルカン氏にはただただ脱帽です。だから辞められたのかもしれませんがw
ここではキビがツッコミ役を担っている様で、これにはヤモもニッコリ。SAN値の減少振りでは死ロディール以上のササリビオンで悪党勢のツッコミ役はストレスマッハですしね。
それにしてもチュル公共が天気輪コンビとも顔合わせをしていたとは…ガチガチの体制人にも気ままな冒険者にもぶつけられる悪役の鑑。それはさておきあの二人も大変な目に遭う様で。大いに続きが気になる所。

次の本編ではサキュバストリオ復活や回想でシェリス登場、おじさんの症状進行やらビッグイベントが山盛りですね、次回も楽しみにしています。またササリビオンにエログロの嵐が吹き荒れん事を!

2022/07/13 (Wed) 23:52
sasanagare77

sasanagare77

Re: タイトルなし

敗残兵さん、いらっしゃいませぇ~(*^^)v
いえいえ、のぞいてもらえるだけでもうれしみ三郎()なもので!

≫坊っちゃんがけっこうやるタイプ
一見クールそうですが、意外と目標に対して手段を選ばずゴリゴリ進むタイプですね。やりすぎでは?とか可哀そうとかいうコメントを頂き、大変満足しております()

本当はもっと胸糞な設定(両親が他界してから、兄弟二人とも養父に乱暴されてた。結果二人で殺害した)があったんですが、中だるみしそうだったので省略しました。それもあって性に対して抵抗が薄いというのがあります。絶対正義の旗を掲げていますが、根本的にはダークサイドの傾向があるので、割とあぶない感じではありますね。

≫黒い肉塊になっちゃうササリビオンですからねw
ホント神経を疑いますよね。リノンちゃんなら精神崩壊するレベルです。Leyさんの胃液は強力でしたw

≫ウルリッチ
もれなく坊っちゃんの次の復讐リストに入ってますので、もちろん逃げ切れず往復が待っています。甘くないのです(゚∀゚)!!

≫濃ゆい面子のBBC
この頃はまだ統率が取れていて、纏まりがありましたね。銀虎親分はストレスマッハだったと思います。だから白髪に...(違)
過去編とはいえ、この続きからの話も書いてるので、おたのしみにしてもらえると嬉しみです!!!!

≫本編
若干過去編に食われそうな勢いですが、エログロ魂で頑張ってもらおうと思いますw

2022/07/17 (Sun) 18:12