fc2ブログ

Chapter26.クヴァッチ大戦編②地獄の門

2023年09月20日
2
未分類

帝特隊が帝都を立てから3日が過ぎた。道中は天気にも恵まれ、この先に戦地が待っているとは思えないような天候だった。遂にクヴァッチも目前となり、視力と聴力に優れる住人族はあちこちに張り巡らされたテントを見つけた。

Oblivion20230921 0kkk

ミコッテのマヒナ「クヴァッチから逃げて来た人達みたい」

ウルフエルフのマルデリット「難民キャンプだな。立ち寄って情報収集としよう」

ダンマーのラモール「ジュード、何か見えるか?」

インペリアルのジュード「...全く」

Oblivion20230920 21lll (19)

クヴァッチ難民キャンプに到着した帝特隊。クヴァッチの襲撃から逃げ延びた人々が集まっていた。襲撃で受けた傷は酷く、キャンプのあちこちからは唸り声や叫び声が響き渡っていた。

クヴァッチの住人「あ...アンタ達は帝国の兵士かい?もうクヴァッチは駄目だ。アタシももう長くない」

ミコッテのマヒナ「がんばりな。せっかく生き延びたんだ」
Oblivion20230920 21lll (24)

治癒魔法が得意なマヒナ。口は悪いが困っている人を見過ごせない性分らしい。

アルゴニアンのレイ「マヒナよぉ...おまえそんなんじゃクヴァッチを救う前に倒れちまうぜ」
Oblivion20230920 21lll (1)

ミコッテのマヒナ「ありがとうレイ。倒れたら2人が運んでくれるでしょ?」

カジートの銀虎「放っとけ。どうせ止めたって聞きやしねぇ」
Oblivion20230920 21lll (20)

銀虎もレイもマヒナを止める事を諦めた。言い出したら曲げない性格なのを二人は誰より理解しているからだ。

インペリアルのジュード「いいじゃないか。オレ達の目的はクヴァッチの奪還だけじゃない」

ウルフエルフのマルデリット「頑張るのはいいが、しっかり休んでおけよ。ここから先は戦いっぱなしになるぞ」
Oblivion20230920 21lll (21)

ダンマーのラモール「姫様もお休みください。クヴァッチな落ちたらハシルドア様に殺されます。ようやく和平合意が結ばれたのですし」

エレンミア達がクヴァッチの救援に向かったのは政治的な目的もあった。

エルフのエレンミア「...あまり...そういうの...好きじゃないわ...今は...民の事を考えましょう」
Oblivion20230920 21lll (22)

ダンマーのラモール「す、すみません。そういうつもりじゃ...」

結局、マヒナは全ての難民の傷を治療した。他の帝特隊はしばしの仮眠と簡単な食事を済ませ、帝特隊は難民キャンプを後した。






クヴァッチに近づくなり、明るかった空が暗くなる。周囲は赤い瘴気にに包まれ、空には稲妻が光る。

ウルフエルフのマルデリット「禍々しいな...あれが地獄の門か...」

Oblivion20230915 16 (4)

横たわる夥しい死体の数々。激しい戦いがあった事が伺える。そこには未だ魔物達の侵攻を必死で食い止めているクヴァッチの衛兵達がいた。

マティウス隊長「話は聞いている!あんた達が帝特隊か‼︎」
Oblivion20230915 2lll (4)

血相を変えてこちらへ向かう衛兵隊長。彼の話によれば他の衛兵達は突如現れた門から現れた魔物達襲撃により壊滅状態。市内には住人達が取り残されており、修道士が住人を引き連れ教会へ逃げ込んでいるらしい。

現世と異界を繋ぐ、オブリビオンの門。話し込むまもなくそこから異形の生物達が押し寄せて来た。

ウルフエルフのマルデリット「早速おでましだ。やるぞジュードッッ‼︎」

インペリアルのジュード「ああッッ‼︎」

Oblivion20230915 16 (1)

すばやい剣捌きであっという間にスキャンプを叩き伏せる戦士ギルド代表達。

マティウス隊長「さすが帝特隊だッッ!行ける!行けるぞッ‼︎」

思わず大声を上げるマティウス隊長。他の帝特隊も各個撃破にて難なくこれを乗り切った。彼の話によれば、門の力を構築する根源はゲートの中に存在する塔の最上階に存在し、それを破壊しない限り永劫に魔物が押し寄せて来るらしい。

エルフのエミーナ「つまりは突入するしか無いってコトだね」
Oblivion20230915 2lll (6)

アルゴニアンのレイ「扉みたいなモンなのかなァ。面白そうだ」

しのごの悩んでも仕方ない。迷わず門を潜った帝特隊達の目先には地獄が確かに存在した。

Oblivion20230915 2lll (3)

オブリビオンの領域デッドランド。字の如くそこはまるで死後訪れる地獄の様な空間。溶岩に覆われた島々は常に焼ける様に熱く、禍々しい赤い霧が充満している。

Oblivion20230916 21sss (30)

肉の焼き焦げる臭いに足を止めるマヒナ。もはや元の姿は判断がつかない程、木炭の様に黒く焼け上がる死体。デッドランド各地では領域の主、魔人メエルーンズ・デイゴンの使役する鬼人、ドレモラ達が定命の者を嬲り殺す姿があった。

ウルフエルフのマルデリット「止めておけジュード。奴らの数を見ろ無駄死にするだけだ」

ダンマーのラモール「マヒナ...既に死んでいる。時間の無駄だ」

ミコッテのマヒナ「これじゃ、埋葬もしてやれねぇだろ」
Oblivion20230916 21sss (28)s

ダンマーのラモール「そいつらは魂の抜けた抜け殻だ。同情の余地もない。弱いから死んだんだ」

ミコッテのマヒナ「...冷たいね。あんたの姫様が同じ状態になっても冷静でいられる?」

ダンマーのラモール「オレがいる限り姫は大丈夫だ」

ミコッテのマヒナ「分かり合えそうにないね」

マヒナは冷めた表情でラモールを睨み付ける。

ダンマーのラモール「そりゃどうも。リアリストなんだ。所でマヒナ...」

ミコッテのマヒナ「分かってる。囲まれてる」

「ギャッ!ギャッ‼︎ギキャッッ‼︎」
Oblivion20230915 2lll (1)

現れたのは炎の精霊。身体が無限に炎を纏い、火炎攻撃を仕掛けてくる魔物。あっという間に距離を詰めた精霊は獲物を見定めている。

ホルケゥのチャコール「こっちですよッッ‼︎」

飛び入ったのは偵察隊のチャコール。炎の精霊達の視線をマヒナ達から逸らす。

炎の精霊「ぐあぁあぁぁぁぁァァ...!!」

ババッ!!!!!!
Oblivion20230916 21sss (21)

華麗に火炎弾を躱すチャコール。目配せをした先には相方の偵察隊のエミーナがいた。息のあった素早い連携で炎の精霊を翻弄する2人。

ホルケゥのチャコール「エミさんッッ‼︎」

エルフのエミーナ「お返しだよッッ‼︎」

ドンンンンッ!!!!!!
Oblivion20230916 21sss (23)

体重を乗せた見事な後ろ回し蹴りが精霊を捉える。華麗に精霊達を叩き伏せていく偵察隊の2人。

ミコッテのマヒナ「あ、ありがと...助かったよ。2人ともさすがに強いね」

ホルケゥのチャコール「ありがとうございます。でもさすがに全員は相手にできません」

ダンマーのラモール「あれくらいオレひとりでなんとかなったさ。所で姫様は...姫様ッ⁉︎」

ホルケゥのチャコール「あ、ヤバそうです」

一方、1人逸れたスキングラッドの姫。ハシルドア・エレンミア。伯爵の養子として向かい入れられた彼女は、類まれなる努力家だった。ジェイナス・ハシルドア伯爵の教育は厳しく、そして冷酷だった。いつしか彼女は感情を表に出す事を諦めた。自由に戦える戦闘時以外は。

エルフのエレンミア「あっ...囲まれて...しまったわ」

スパイダー・デイドラ「キシシシシシッ...!!」
Oblivion20230921 1fff (9)

ひとりはぐれたエレンミアを狙って現れたのはスパイダーデイドラ。老婆の様な様相に多足を持つ魔物。

ダンマーのラモール「ひ、姫様ァァァッッ‼︎今お側にッッ‼︎」
Oblivion20230922 0lll d (9)

まるで舗装された道を駆け抜ける黒馬の様に、ラモールはエレンミアの方へ向かい駆け出す。スパイダー・デイドラ達がラモールに意識を奪われた瞬間をエレンミアは見逃さ無かった。

エルフのエレンミア「ありがとう...ラモール」

まるでスイッチが切り替わった様に、レイピアを抜いたエレンミアは恍惚の表情を浮かべている。

ゴッツッッッ!!!!!
Oblivion20230921 1fff (10)e

スパイダー・デイドラ「ギャャアアッッッ‼︎」

しなやかなに身体を捻らせ、高く飛び上がると、スパイダー・デイドラを踏み付けるエレンミア。

ズブブッッッ‼︎
Oblivion20230916 21sss (10)ss

エルフのエレンミア「あははははッッ‼︎痛いですかッッ⁉︎ここ痛い?こうやって殺して...嬲ったんでしょッッ⁉︎」

ズンッッッ‼︎ズドッッッ‼︎ズププッッ‼︎ズドッッッ‼︎ズププッッ‼︎

エレンミアは狂った様にに次々とスパイダー・デイドラを圧倒して行く。狂乱の宴が終わると、視線を集めている事に気が付き、バツの悪そうに口を開いた。

エルフのエレンミア「ち、違うの...好きなの...デイドラが...可愛い...でしょう?」
Oblivion20230922 0lll d (10)

ダンマーのラモール「ひ、姫様、無事で何よりです...」

ミコッテのマヒナ「あの人は怒らせないようにしよう」

ホルケゥのチャコール「そうだね...戦闘になるとスイッチの入るタイプみたい。それよりキミのお父さん達は大丈夫ですか?先程2人でクランフィアの群れに飛び込んで行った様だが...」

ミコッテのマヒナ「父ちゃんたちなら大丈夫」

Oblivion20230921 1fff (11)i

エルフのエミーナ「確かに強そうな2人だったけど、ほっといて大丈夫なの?」

ミコッテのマヒナ「日頃の鬱憤が溜まってるんだと思う。また討伐数を競い合ってんじゃない?」

まるで心配もしない2人の娘のマヒナ。2人を追いかけるラモール達だったが、道中の夥しいクランフィアの死体の山に目を疑う。

ダンマーのラモール「こ...この数をたった2人で?」

Oblivion20230916 21sss (14)s

アルゴニアンのレイ「今日はオレの勝ちだな相棒」

カジートの銀虎「いいや、ワシがやった奴の方がデカかった」

ミコッテのマヒナ「父ちゃん達、無事?」

アルゴニアンのレイ「聞いてくれよォマヒナ...」

あれだけのクランフィアの数を相手にして、さほど疲れた様子もないレイと銀虎に驚きを隠せない帝特隊。そんな様子をみていたデイドラ達の大将が重い腰を上げる。

闘将カスケット「...面白い。定命の者でここまで武を極めるか。奴以来だな」
Oblivion20230916 21sss (33)

解放の塔に向かって突き進む帝特隊の前に現れたドレモラ達の大将カスケット・ギャノア。

ウルフエルフのマルデリット「ようやくお頭の登場かい?随分ジラすじゃない」
Oblivion20230921 1fff (4)

闘将カスケット「如何にも。貴様らは強いか?」
Oblivion20230921 1fff (5)

腹の底に響くような、恐ろしい声でカスケットは呟く。

ウルフエルフのマルデリット「ああ。少なくとも群れで襲い掛かるしか脳のないおまえらと違ってな」

インペリアルのジュード「マール!あいつは只者じゃない。気を付けるんだ」

ウルフエルフのマルデリット「分かってる。ビリビリ伝わってくる」

闘将カスケット「うむ。ならば我が剣を受けてみるがよい」

ズババッッッッ!!!!!!
Oblivion20230921 1fff (7)w

インペリアルのジュード「!!!!!????」

一瞬。カスケットが姿を消し、マルデリットの身体から血飛沫が上がる。消えたのではない。一瞬で間合いを詰めたのだ。

ウルフエルフのマルデリット「グハッッッッ‼︎」

インペリアルのジュード「マールッッッ‼︎そんなッッ‼︎」

闘将カスケット「脆い。脆すぎる。やはり貴様らでは我の相手にはならぬッッ‼︎虫けらの様に死ぬがよいッツ!!」

カスケットが号令を出すと、背後に潜んでいたデイドラ達が姿を表す。その数は数十、もしくは百ともとれる程の大軍団。

Oblivion20230909 0ggg (1)

帝特隊の表情が一気に絶望に変わる。そして全員気が付いた。ここが踏み込んではいけない領域、死の大地だという事をーーー

闘将カスケット「...これで仕舞いだッ!!!!!」

ガキキィィイイイィン!!!!!!!!!!!
Oblivion20230922 0lll d (8)

闘将カスケット「なにッツ!!!!」

飛び入った剣士「諦めるにはまだ早いぜ後輩。見せてやろうぜ。オレ達がしぶといって事をな」










to be coutinue「工場」

Oblivion20230922 0lll d (5)
Oblivion20230922 0lll d (7)
Oblivion20230922 0lll d (1)
スポンサーサイト
[PR]

sasanagare77
Posted by sasanagare77
どうもsasaです。円熟期以降のおぶらーであります。
当小話は先代モッダー様の恩恵を十分に受けており、
多大なる感謝の気持ちを忘れません。
Thank you so much.
All modder for TES4.

Comments 2

There are no comments yet.

トカゲのLey

メッチャ早い更新お疲れ様です!
今回もまた楽しくなりそうな雰囲気が早々に伝わってきますね…!

メンバーの中でエレンミアさんと、相手部隊のカスケット大将辺りとはトカゲのLeyとかなり気が合いそう…w
(Leyも強い興奮状態や・別件などでイラついてる時など→エレンミアさん的な惨殺モードになる事もあって、強い相手との少人数同士での戦いになった場合は"相手の戦い方に合わせる武人(?)モード"になるので

奥に行くほど強い相手の待つオブリ領域で皆はどう立ち回るのか、続きがすっごい楽しみです!

2023/09/22 (Fri) 10:20

sasa.

To トカゲのLeyさん

Leyさん、こんにちわ!
Xでも言ってましたが、今回は24.25合わせて1話で考えていたのですぐに仕上げられましたp(^_^)q

エレンミアは当初大人しいお姫様の予定だったのですが、どこで道を踏み外したのでしょう...w顔付きは大人しそうなのですが、分からないものですね(他人事)

Leyの本気モードも導入させて貰います!

2023/09/22 (Fri) 14:12