fc2ブログ

Chapter27.夢魔襲来編①艶月の侵略者

2023年09月22日
2
未分類


―――「ずっとこの時間が続くなら、他に何もいらない。だから九大神様、どうかこの人をわたしから取り上げないで」―――



ある夜のゾハルとリノン。
家族であって、思い人でもある2人の距離は、今までよりずっと近くなっていた。

リノン嬢「おじさん、少しでも長生きしてよね」

傭兵ゾハル「どう頑張っても、おまえよりは早く死ぬだろうな」
Oblivion20231003 11fff (41)

リノン嬢「えぇ~...それじゃあ老後はどうしようかな?」

傭兵ゾハル「他に...」

誰かいい人を、そう言いかけたゾハルに対し、リノンは少し頬を膨らませ言う。

リノン嬢「おこるよ」
Oblivion20231020 1ggg (1)

傭兵ゾハル「...すまん。一緒に生きると約束したな」

リノン嬢「ふふふっ、責任取ってもらうんだから。わたしだっておじさんを守ってみせるよ」

傭兵ゾハル「そいつは頼もしいな」

彼女は悪戯に笑ってみせた。以前よりずっと大人の顔で。ひときわ星の綺麗な夜だった。

Oblivion20231029 01ff












突如ガスパード海賊団より襲撃を受けたマイルズ海賊団。手段を選ばない卑劣な手に、一時は窮地に追い込まれたが、骸骨化の呪いでなんとかガスパード達を退く事ができた。
数時間が過ぎ、太陽の光が戻ると共に、すかさず宴が開かれる。

副船長ファーガス「ガスパード海賊団撃退を祝杯してェ...乾杯ッッ‼︎」
Oblivion20231004kkk (14)

マイルズ船長「...たらふく飲んで唄え野郎ども‼︎」

副船長ファーガスの掛け声を切り口に、一斉に乾杯する海賊。本で見たままの光景だとリノンは目を輝かせている。

エルフのシャロン「ヒュー‼︎いいわッッ‼︎もっと脱ぎなさーい!」

エルフのチャンタマ「も、もう勘弁してくださいよ先生~!」
Oblivion20231004kkk (13)

キャンディ・ピンク「いやぁん!チャンタマのチャンタマが意外と立派ヨォ~!」
Oblivion20231028 11ggg (2)

リノン嬢「おじさん!チャンタマさんのチャンタマってなぁに?」

傭兵ゾハル「...」

バツの悪い顔で酒を煽るゾハルを見つけたマイルズが歩み寄る。

マイルズ船長「相変わらずの仏調面だな新入り。祝いの席だぞ?」

傭兵ゾハル「...ようマイルズ。傷も元通りか。こりゃ誰にも倒されないワケだ」

マイルズ船長「マイルズ“船長”だ。オレ達は不死の肉体と引き換えに感覚を失ったんだ。完璧ではないさ。月の光が届かない場所で殺されれば復活はできん」
Oblivion20231028 11ggg (1)

傭兵ゾハル「月の光を浴びるのが骸骨化の条件なのか?」

マイルズ船長「...ああ、おまえには話しておくべきだろうな。身体ごと海に沈められたりなんかしたら生き地獄だ」

傭兵ゾハル「弱点を教えて大丈夫なのか?オレが裏切ったらどうする?」

マイルズ船長「オレはこれだけの野郎どもをみてるんだ。おまえはそんな男じゃない」

傭兵ゾハル「なるほど。アンタが担ぎ上げられるはそういう所なんだろう。それと...呪いの様なものならオレも受けている」

ゾハルはシャツを脱ぎ捨て、ヒストの樹液の過剰摂取が原因で始まった鱗化した皮膚を見せる。

Oblivion20231020 1ggg (2)

マイルズ船長「...こいつは...トカゲの皮膚か?」

傭兵ゾハル「今やすっかりアルゴニアン男だ。最近は水中呼吸だってできる」

マイルズ船長「...ブラックマーシュの祈祷師に呪いに詳しい奴の心当たりがある。オレ達に付き合った後はそこへ向かうといい」

傭兵ゾハル「ほう...」

海賊達の宴は夜通し続けられた。








そして...明け方。








寝静まる海賊たちをよそに動き出したのは、新入り船員ダンマーのビオス。入浴中に熟睡した女海賊ブレンダの元を訪れていた。

ダンマーのビオス「さぁ、起きるんだブレンダ...うむ、しっかり薬が効いているらしい。さすがデリック様だ」
Oblivion20231004 1ddd

海賊達が深い眠りに落ちたのは、彼がエールに混ぜた特製の睡眠薬が原因だった。

女海賊ブレンダ「これは...夢なのか...昨日の悪魔といい...どうなっ...」

途切れそうな意識をなんとか繋げようとするが、身体の自由が効かない。

ダンマーのビオス「やあ。ここは隔世。淫魔の領域ヒュプノスと現実の間さ」
Oblivion20231004 10dd

女海賊ブレンダ「なにを...言ってる...んだ?...おまえ...その姿は...」

淫魔ビオス「この船は奴隷港を出る時点で淫魔デリック様が乗っ取る計画だったのさ。もう既に我々の手中にある」

女海賊ブレンダ「...つまりあんたは...最初からアタシ達を殺す為に...近づいたと...言いたいのか」

淫魔ビオス「そうだ。だが、オレは船長を気に言っている。もうじき彼の御方が純血のサキュバス達を引き連れてこの船に現れるだろう」

Oblivion20231004 11hhh

女海賊ブレンダ「なぜアタイに...それを話す?さっさと...殺せば...いいだろ?」

淫魔ビオス「おまえも船長には恩義があるハズだ。力を貸すんだ。サキュバスに転生すればデリック様に殺される事もない。あの生意気なエルフの女に不覚を取ることもない」

女海賊ブレンダ「にわかには信じられねぇが...つまりはこのまま...殺されるか...サキュバスに...転生して....仲魔になるか...選べという事...か?」

淫魔ビオス「そうなる」

エルフのシャロンに喧嘩で負けた事で、彼女のプライドはズタズタだった。復讐も果たせるし、さらには船長を助け出す事もできる。ブレンダはこの選択にすぐに飛び乗った。甘い言葉で巧みに誘う、これこそが淫魔の専売特許と疑う事もせずに。










一方、静まり返った宴会会場。リノンは浅い眠りから目を覚ました。

リノン嬢「おじさん?おじさん風邪引くよー」

Oblivion20231004kkk (12)

しかし、力いっぱいゆすってみても、ゾハル達は一向に目を覚ます様子が無い。

リノン嬢「あれ...?おじさんだけじゃない?様子がおかしい...」

海賊船内を見渡すリノン。深い眠りに陥っているのはゾハルだけではなく、全員だった。船内は不気味なくらい静まり返っている。

リノン嬢「せめて手掛かりでもあれば...お姉ちゃんまで熟睡してる。確かにいっぱいお酒飲んでたけど...」

エルフのシャロン「グフッツ...グフフフフッツ...♡」
Oblivion20231004kkk (11)

リノン嬢「なにかいい夢をみてるみたい」

深い眠りに落ちたシャロン。彼らの酒にもビオスの仕込んだ強力な睡眠薬が仕込まれていたのだ。

淫魔は夢を自在に操れる。淫魔ビオスも眠りについた海賊たちを陥れる為、その者達が最も求める夢を与え、精気を奪う。その毒牙はシャロンにも向けられていた。











エルフの少年エクレール「おい!シャロン姉ちゃんにあんまり近づくなッスよ!!」
エフェクト付き001

エルフの少年ルミエール「へへーん♪姉ちゃんはオイラのほうが良いにきまってんだろ~?」
エフェクト付き002

まばゆい笑顔をまとい、シャロンを取り合うエルフの少年たち。シャロンの顏は完全に緩み切っていた。

「シャロン姉ちゃん♡シャロン姉ちゃん♡シャロン姉ちゃん♡シャロン姉ちゃん♡」

エルフのシャロン「エッくん...ルミルミ...私の為に2人で争っちゃダメよ...ぐへへ」
エフェクト付き003










エルフのシャロン「........つまり夢ね」

シャロンは分かっていた。この船にこんな供給が無い事を。むさくるしい男たちしかいない現実を。

エルフのシャロン「純粋な乙女心を弄びやかってェェェ!!!!!」
Oblivion20231028 20kkk

リノン嬢「わっ!お、おねーちゃん?」

突然跳ね起きたシャロンにリノンは目を丸くする。

エルフのシャロン「...ふぅ...ここに来てからあまりのショタ分不足で夢を見たわ。で、ふたりはどこ?」

リノン嬢「多分それ夢。だいぶ疲れてるね。でも良かったあ...」

エルフのシャロン「クッ...夢ならもう少しあんなことやこんな事をしておけば良かった...」

リノンは引き気味で現在の置かれている状況をシャロンに説明した。

エルフのシャロン「なるほど...罠の可能性があるわね。あらかた予想はできるわ。チャンタマ!寝てる場合じゃないわよ!」
Oblivion20231026 19ff (3)

シャロンはチャンタマに大声で話しかけるが、彼もまた深い眠りに陥っていた。

パァアァァァン‼︎パンッ‼︎パァァアァァンッ‼︎

思い切りチャンタマの頬を平手打ちするシャロン。

エルフのチャンタマ「......」
Oblivion20231026 19ff (2)

エルフのシャロン「うん。ダメね!」

リノン嬢「うわぁ...」

薄暗い船内を手分けし捜索する2人。しかし目立つ手掛かりは見つからず、船外に出る事にした。







普段は賑やかな海賊船だが、今夜は打って変わって静まり返っている。2人が出会したのは睡眠状態のマイルズを小舟に乗せ、放流しようとする悪魔の姿だった。

淫魔ビオス「...もう目を覚ましたのか。いい夢を見ながら死ぬ事ができたのに」
Oblivion20231003 11fff (37)

エルフのシャロン「...錬金部屋で会ったわね」

淫魔ビオス「ああ」

エルフのシャロン「ベニテングダケ、普通の調合じゃあんな量は使わないもの。中和剤を飲んでたのよ」

淫魔ビオス「なるほど。既に怪しまれたワケか。これだから錬金術師は嫌いだ」

リノン嬢「イン...キュバス...」

リノンの表情がみるみるウチに青ざめて行く。彼女は彼等を知っている。

Oblivion20211102 0088 (87)w

夢魔、淫魔とも呼ばれる彼等は、睡眠中の人物の夢を乗っ取り、精力を根こそぎ奪い、絶命させるという悪魔。彼女は奴隷港で淫魔を総べるデリックに襲われかけた。

リノン嬢「おじさん達を返して!」

エルフのシャロン「私の財宝...この船は返して貰うわ‼︎ここからじゃお宝をガメても陸まで辿り着けないもの!」

Oblivion20231012fff.jpg

淫魔ビオス「...だそうだ。仕方ない、出番だぞサキュバス」

バサッ...バサバサッ...と羽音を立て、月明かりの下、現れたのはサキュバスに転生した女海賊ブレンダだった。

Oblivion20231003 11fff (38)

淫魔ブレンダ「ようクソ耳長ァァ...この前みてぇには行かねえぞ」

エルフのシャロン「どうやら人間辞めたみたいね。今度は楽しませてくれるのかしら?」

淫魔ブレンダ「なら自分の身体で感じてみるんだナッツ!!!」

ズドンッッツッッ!!!!!!!!!
Oblivion20231027 16lll (4)

激しい一撃。正面から受け止めたシャロンの身体に凄まじい衝撃が走る。

ビキイイインンッッツ!!!!

エルフのシャロン「グッッッ‼︎」
Oblivion20231027 16lll (5)

攻撃を受け止めたカットラスはバラバラに砕けた。

淫魔ブレンダ「クククッ...お返しだ」

船外へと吹き飛ばされたシャロン。水面も覗き込んだブレンダだったが、頭上に気配を感じて振り返る。

淫魔ブレンダ「なッツ...!!あの体制からどうやって...!?」

身体を猫の様にしねらせ、衝撃をバネにし奇襲するシャロン。

エルフのシャロン「やはり安物の剣はダメだわ。海賊RPは終了よッ!!!!!!」
Oblivion20231027 16lll (1)

ババババチバチバチッッ...!!!!!!!!!!!!!!!!!

シャロンが持ち替えた剣の中心が、激しく帯電して行く。

Oblivion20231027 16lll (3o)

淫魔ブレンダ「まッ...待てッツ!!!!待てよッツ!!!!」

エルフのシャロン「相手が悪かったわね。三下」

バリバリバリィィィィイイィィィイッツ!!!!!!!!!!

淫魔ブレンダ「ギャァァァァッッ...!!!!!!!!!!」

シャロンの愛剣サンダーフューリー。持ち主のマジカを吸収し、斬撃と共に激しい雷撃を放つ魔剣。ブレンダの脳天に命中した電撃が激しく体全体を包み込み、やがて彼女が動くことは無くなった。

エルフのシャロン「口ほどにもないわね」
Oblivion20231027 16lll (2)









そして...シャロン達は対照的に、対話でお互いを牽制するリノン達。

淫魔ビオス「...おまえとはなんの因縁も無いはずだが...今船から飛び降りれば楽に死ねるぞ」
Oblivion20231029 0ggg (1)

リノン嬢「舐めないで。返してもらうんだから。おじさんも、みんなも」

リノンは杖をビオスに向けマジカを込める。

淫魔ビオス「...そこに跪け女」

淫魔は睡眠中の者でなくても、強力なヒト操作魔法を得意とする。しかし、リノンに対して全く手応えは無かった。

リノン嬢「...なんで?」
Oblivion20231029 0ggg (3)

淫魔ビオス「...(この女、なぜ淫魔の幻惑魔法が効かない?)」

リノン嬢「...?」

淫魔ビオス「...ああ、そういう事か。デリック様の言ってた女はお前か」

リノン嬢「デリック...やっぱり彼も生きているのね」

深い溜息を漏らすリノン。

淫魔ビオス「当然だ。彼のお方はデイドラロード同様超常的存在。死という概念は存在しない。ヒュプノスの領域で傷を癒しておられる」

リノン嬢「はぁ...ずっと静かにしていてくれればいいのに...」

淫魔ビオス「おまえの様な小娘がデリック様に見初められるとは...しかも首を刎ねたそうじゃないか」

リノン嬢「それ相応の酷いことされてるんだから!」

淫魔ビオス「手を出すなと言われているが...気が変わった。少し味見をしよう」

ビオスはゆっくりと舌舐めずりをする。

リノン嬢「うわッ...やっぱり淫魔ね」

ズドォオォォォッ‼︎
Oblivion20231028 02gg (1)

リノンの隙を伺い、ビオスは背中の羽骨で襲い掛かる。

リノン嬢「わっ...早ぃッ!!」

ドンッッッ!!ドンッ!!!!ズドドドッッ!!!!!

凄まじい連撃。しかし、度重なる強敵を相手取ってきたリノン。これに対して確実に反応している。

淫魔ビオス「ふふッ...フハハハッ!逃げてばかりか女ッ!貴様ひとりでは何もできまいッ!」

ビオスの挑発に反応するリノン。力強く右足を突き出し、攻撃を受け取める。

ガギィイィィィィン‼︎

リノン嬢「悪いけど、わたしはひとりじゃないから」
Oblivion20231003 11fff (39)

淫魔ビオス「チッ...!!召喚魔法かッッ‼︎生意気なッッ‼︎」

リノンが召喚したのは、亡霊となった元使用人の暗殺者、闇の一党のチコリ。

ガギッ‼︎ギンッッ‼︎ギンッッ‼︎ガギィイィッッ‼︎

リノンに向けられた嵐の様に激しい攻撃を、一寸違わず受け切る完璧な連携。

淫魔ビオス「クッ...!!なぜオレの攻撃を受け切れるッッ⁉︎」

亡霊チコリ「こちとら何年一緒にいると思ってんだァ?薄汚ェ手でお嬢に触れるんじゃネェよクソが」

リノン嬢「覚悟はいい?」
Oblivion20231028 02gg (5)

淫魔ビオス「フン...勘はいいようだ。だが攻撃は避けられても、当たらなければどうということはない」

またしてもスピードを上げるビオス。その動きは変則的で、目で捉える事すら難しかった。

淫魔ビオス「フハハハハッ!このスピードについて来れるかッッ⁉︎」
Oblivion20231029 0ggg (2)

亡霊チコリ「おいお嬢、アタイの短剣じゃ当てた所で致命傷にならねェ。アレをブチ込むぞ」

リノン嬢「アレね。でもこれじゃタイミングを合わせられない!」

亡霊チコリ「...アタイを信じろ。動体視力はいいの知ってるだろ。いい案がある」

リノン嬢「...うん。じゃあ行くよッッ‼︎」

掛け声と共に詠唱を始めるリノン。みるみるうちに熱気が巨大な炎へと変わって行く。

亡霊チコリ「3...2...今だッッ‼︎」

リノン嬢「劫火炎弾ッッッ‼︎」

ボオオオッ!!!!!!!
Oblivion20231028 02gg (2)

亡霊チコリ「食らえッ変態野郎ッッッ‼︎」

リノンが生成した、灼熱の火炎球は、放たれた瞬間にチコリの蹴りによって加速。物凄い勢いを放ちビオスを捉える。

ズガァァァァンッッ!!!!!!!!!!!!
Oblivion20231028 02gg (3)

淫魔ビオス「ぎゃあァァァァッッ‼︎」

そのまま海面へ叩きつけられるビオス。しかし次の瞬間、空が紫に染まり、雨が上がると雷鳴が走った。

エルフのシャロン「なにこれ...何か...ヤバいのが来るわね」

海面が大きく揺らぐと、海水を飲み込み、そこから大きな門が口を開ける。

Oblivion20231031 06ggg

リノン嬢「オブリビオン...ゲート...」

揺らぎが落ち着くと、そこから3対の悪魔が現れる。そこにはリノンに恐怖を植え付けたインキュバスの顔が現れた。続いて現れるサキュバス達。

淫魔デリック「待たせたね」
Oblivion20231003 11fff (40)

―――今、惨劇の幕が上がろうとしていた―――









Special Thanks
鋼鉄蒸気さん@koutetsujouki SS協力
Lechien WanChanssuさん@clay7890d お姉ちゃんのママ













NextChapter「最後の日」

Oblivion20230928 0fff (8)

&「NSFW:Salacious」

Oblivion20230928 0fff (6)
スポンサーサイト
[PR]

sasanagare77
Posted by sasanagare77
どうもsasaです。円熟期以降のおぶらーであります。
当小話は先代モッダー様の恩恵を十分に受けており、
多大なる感謝の気持ちを忘れません。
Thank you so much.
All modder for TES4.

Comments 2

There are no comments yet.

敗残兵

お疲れ様です。前回絶体絶命だったのにあそこから巻き返せたんですね、今回は味方側だからいいですけどササリビオンで真人間やめた者を相手にするとこれだから怖いですねww
最近の話でキャンディ・ピンクさんをあまり見なかったので元気な姿を見れて安心しました、殺伐とし過ぎたササリビオンでは貴重な癒し枠と思われる彼女には是非この地獄を潜り抜けて貰いたいものです。
船長が言ってたブラックマーシュの祈祷師というとアメリさんの実家と絡んだりするんですかね?おじさん達が祈祷師に合う頃にはアメリさんもエライ事になってそうですが…(苦笑

それにしてもブレンダさんはあっち行きですかぁ…お気の毒に。異性に思いを寄せる女性or人妻のサキュバス化率高めですよね、マジかよデリック最低だな。
配下?のビオスもデリック君に負けず劣らず気持ち悪い奴(誉め言葉)。ササリビオンはこういう気持ち悪い男の悪役に関しては他の追随を許さない所ありますよねww
相手が悪いからか二人とも撃沈されましたけどサキュバスですしまたリスポンするんでしょうねぇ、ビオスの方はリノン嬢に手を出しちゃったからもう再登場の余地は無さそうですが。合掌。

リノン嬢は一人でもインキュバス相手に持ち堪えるくらいに成長していて頼もしいですね、まぁそれくらい育ってくれなきゃササリビオンでは生き残れないって事でしょうけどw
チコリは今回も大活躍でもう対インキュバス特効感ありますね。リノン嬢がサキュバス化してる時は流石にどうにもならなそうですが。
これはチュル公との再戦も楽しみですね、問題はあのゴミクソ敵を作り過ぎてるせいで対戦予定が(たぶん)詰まっててリノン嬢との再戦が何時になるか全く見当が付かない事ですねww

そしてお姉ちゃんはもう絶好調ですね、まさか鋼鉄印の特製SSまで入ってるとは思いもしませんでした。夢見てる時は絶対気持ち悪い笑顔でよだれ垂らしてたでしょうねww
他にもチャンタマ思いっきりビンタして白くなっちゃったのに全然悪びれない所なんかマジお姉ちゃんって感じ。それでいて戦闘面はしっかり締めて人外相手に勝って見せる所は流石ですね。
人間やめてない真人間枠ではササリビオンでもトップクラスに入る様な気がします、非悪党枠の中では割と外道戦法にも親和性高そうだし(失礼)

次はいよいよデリック君と熟女コンビの再来ですか、リノン嬢・チコリ・お姉ちゃんのピチピチギャルトリオは熟女コンビに勝てるのか。リノン嬢がサキュバス化する様なので一気に1対3になっちゃってそうですが。
相変わらずこの先どうなるか全く予想が出来ないので続きが待ち遠しいです、次も楽しみにしてます。

2023/11/05 (Sun) 23:22
sasanagare77

sasanagare77

Re: タイトルなし

敗残兵さん
今回も熱いコメントありがとうございます(゚∀゚)ほんとBack up取るくらい嬉しいですし、活力になります!

船長が言ってたブラックマーシュの祈祷師というとアメリさんの実家と絡んだりするんですかね?おじさん達が祈祷師に合う頃にはアメリさんもエライ事になってそうですが…(苦笑
→おっと...さすがスルドイッス。ゾハル&リノンの話は次回で終わり、デッドランド編の後はアメリさんが主役の話を企画してます。

それにしてもブレンダさんはあっち行きですかぁ…お気の毒に。異性に思いを寄せる女性or人妻のサキュバス化率高めですよね、マジかよデリック最低だな。
→言われてみるとそうですね。あまりまっとうに恋愛成就してる姿をみない気がします。ビオス達も一時退場ですが、また元気になって戻ってくるでしょう!デリック最低ですわ!

ササリビオンはこういう気持ち悪い男の悪役に関しては他の追随を許さない所ありますよねww
→気持ち悪い男に関しては熱量が違いますね。書いてて面白いんだと思います。ゾハルさんとか最近全然出てこないですもんね。主人公なのにw

リノン嬢は一人でもインキュバス相手に持ち堪えるくらいに成長していて頼もしいですね
→はじめは戦う事すらできなかったのに、窮地は人を強くしますね。チコリは間違いなく人外特攻属性持ちです。逆に言うと人外じゃないとマトモに戦えないってのはありますね。チュルパン初戦はボッコボコにされましたが、仰る通り対戦カードが詰まってるので、再戦はまだまだ先になりそうです。

そしてお姉ちゃんはもう絶好調ですね、まさか鋼鉄印の特製SSまで入ってるとは思いもしませんでした。
→今回は主役を食う勢いでお姉ちゃん回で危機感すら覚えましたw実際場数は踏んでるでしょうし、そういった意味では人外枠ではかなり上の方の実力者の立ち位置ですね。鋼鉄さんにはホント足向けて眠れないッス。

次はいよいよデリック君と熟女コンビの再来
→ここからが本戦なので、大いに荒れます。この3人の実力は今のところあまりはっきり書いてませんが、作中でもかなり上位なので、今後は拮抗した話になっていきます!

今後も読んで頂ければ嗚咽を零しながら喜びます!!!!!!!!!


2023/11/13 (Mon) 22:48